店舗の敷地として使用している場合


現に店舗として利用している場合、アパートの場合と同様に、現在の最有効使用が宅地分譲か否かが問題となります。

数年前は、店舗が最有効使用だった場合でも、店舗等簿空き物件が多く、現在の経済情勢からは宅地分譲が最有効と考えられる地域であれば、広大地に該当する可能性があります。

〒885-0003
宮崎県都城市高木町4716番地12 

0986-36-7832

dtk@heart.ocn.ne.jp