令和2年1月1日時点の地価公示が発表されました

平成31年1月以降の1年間の地価について
○全国平均では、全用途平均が5年連続の上昇となり、上昇幅も4年連続で拡大し上昇基調を強めている。用途別では、住宅地は3年連続、商業地は5年連続、工業地は4年連続の上昇となり、いずれも上昇基調を強めている。
○三大都市圏をみると、全用途平均・住宅地・商業地・工業地のいずれについても、各圏域で上昇が継続し、東京圏及び大阪圏では上昇基調を強めている。
○地方圏をみると、全用途平均・住宅地は2年連続、商業地・工業地は3年連続の上昇となり、いずれも上昇基調を強めている。地方圏のうち、地方四市(札幌市、仙台市、広島市及び福岡市)では全ての用途で上昇が継続し、上昇基調を強めている。地方四市を除くその他の地域においても、全用途平均・商業地が平成4年以来28年ぶりに上昇、住宅地は平成8年から続いた下落から横ばいとなり、工業地は2年連続の上昇となった。

続きを読む

第5回宮崎県不動産市況DI調査が発表されました

 一般社団法人宮崎県宅地建物取引業協会並びに公益社団法人全日本不動産協
会宮崎県本部並びに公益社団法人宮崎県不動産鑑定士協会が共同で行った、第5回宮崎県不動産市況DI調査の結果が発表されました。

 今回は、委員長として、当アンケートに関わらせていただき、無事に報告書が完成したことをうれしく思います。

 

 

続きを読む

平成31年1月1日時点の地価公示が発表されました。

平成30年1月以降の1年間の地価について
全国平均】全用途平均は4年連続で上昇し、上昇基調を強めている。用途別では、住宅地は2年連続、商業地は4年連続で上昇。
【三大都市圏】全用途平均・住宅地・商業地のいずれも各圏域で上昇が継続している。
【地 方 圏】住宅地は平成4年以来27年ぶりに上昇に転じた。商業地は地方四市(札幌・仙台・広島・福岡)を除いた地域でも平成
       平成5年から続いた下落から横ばいとなった

 

国土交通省土地・建設産業局

第4回宮崎県不動産市場動向に関するアンケート調査結果が発表されました

一般社団法人宮崎県宅地建物取引業協会と公益社団法人全日本不動産協会宮崎県本部及び公益社団法人宮崎県不動産鑑定士協会の共同事業として第4回「宮崎県不動産市況調査(DI)」を実施しました。

 

 

公益社団法人宮崎県不動産鑑定士協会

 

 

0 コメント

平成30年地価調査が発表されました

■ 全国平均: 全用途平均は、平成3年以来27年ぶりに下落から上昇に転じた。
用途別では、住宅地は下落幅の縮小傾向が継続しており、商業地は2年連続で上昇し、上昇基調を強めている。
■ 三大都市圏: 各圏域で住宅地・商業地とも上昇基調を強めている。大阪圏の住宅地についても4年ぶりに横ばいから上昇に転じた。
■ 地方圏: 地方四市(札幌市・仙台市・広島市・福岡市)では住宅地・商業地とも三大都市圏を上回る上昇。その他の地域では下落幅が縮小。

 

平成30年都道府県地価調査の概要

建築士事務所登録

平成29年度末に、建築士事務所登録がなされました。

これからは、建築士としての鑑定や調査業務も行ってまいります。

続きを読む

尾鈴山

尾鈴山と白滝

続きを読む

日向市の地価を考える

日向市は平成29年5月時点で、人口62,430人で、日南市・小林市を上回る県内第4の都市である。

また、延岡・門川・日向市を合わせると人口は20万人を上回る。これは、都城・三股の人口を上回る。

平成29年の地価公示で、住宅地の変動率が0.0%となった。県内では綾町と日向市のみである。

なぜ、日向市は土地の需要が高いのか?

 

①県内では少ない市街化区域・市街化調整区域という都市計画法上の線引きをしており、むやみな開発がしにくい。

②海岸線に近いエリアは工場が多く、また、平地が少ないため、宅地に適した土地が比較的少ない。

③自然災害を考慮すると、海抜が高いエリアに人気が集中しがちである。

④延岡へは車で30分程度で通勤可能であり、当該エリア内での流出は少ない。

⑤まちづくりが先進的であり、比較的良好な住環境がある。

⑥医療費助成が中学3年生まである。

 

ざっと考えると上記のような要因が出てくる。

調査で日向市に行くと、海の青さと、空の青さが本当にまぶしい。

確かにいい街である。

 

0 コメント

平成29年地価公示が発表されました。

全国の住宅地価格が横ばいになるなど、全体としては景気の回復が覗える状況となっています。

宮崎市でも、上昇地点が増え、ニシタチなどの景気が戻りつつあります。

但し、外延部では大きく価格が下がるなど、二極化の傾向が強まっています。

 

土地総合情報ライブラリー(国土交通省)

 

0 コメント

平成29年地価調査が発表されました

平成28年7月以降の1年間の地価について

  • 全国平均では、全用途平均は下落しているものの下落幅の縮小傾向が継続している。用途別では、住宅地は下落しているものの下落幅の縮小傾向が継続している。商業地は昨年の横ばいから上昇に転じた。工業地は昨年の下落から横ばいに転じた。
  • 三大都市圏をみると、住宅地は東京圏・名古屋圏でほぼ前年並みの小幅な上昇を継続している。商業地は総じて上昇基調を強めている。工業地は名古屋圏を除き上昇基調を強めている。
  • 地方圏をみると、地方四市では全ての用途で三大都市圏を上回る上昇を示している。地方圏のその他の地域においては全ての用途で下落幅が縮小している。

 

土地総合情報ライブラリー 〈http://tochi.mlit.go.jp/kakaku/chika-chousa

0 コメント

南阿蘇村

続きを読む 0 コメント

日南市 丹下健三

続きを読む 0 コメント

美山PA 日置市

続きを読む 0 コメント

箱崎神社 出水市鹿児島県

続きを読む 0 コメント

熊本城の桜

私は坂道が好きである。

 

そして、坂道の桜は美しい。

 

熊本城の桜も美しかった。

 

0 コメント

増田邸 薩摩川内市入来町

入来院氏により開かれた、入来町は、今も武家屋敷郡が残る町です。

その中にある増田邸には、多くの宝が残っています。

沈壽官が焼き、パリ博覧会に出された壺、豊臣秀吉本家から頂いた器、根来漆器のお重、パリから戻った隠れキリシタンの器など。

重要文化財級のものが、触れって見れる、数少ないスポットです。

続きを読む 0 コメント

平等院 宇治市

修復を終えて、新に公開された鳳凰堂。

朱色が鮮やかでした。

 

10円玉と見比べて、子供も納得。

0 コメント
〒885-0003
宮崎県都城市高木町4716番地12 

0986-36-7832

dtk@heart.ocn.ne.jp